こんばんは仁井田です。

 

先日のまかないで餃子を作ってみました。

もちろん皮からです。

 

そこで今日は僕が作る餃子のレシピを紹介します。

 

まず、皮は薄力粉と強力粉を同分量で割った中力粉を使用します。

粉100gに対して塩1gと水42gで混ぜていきます。

しっかりと捏ねてグルテンを生成してビニール袋に入れて20分寝かせます。

この時温度は最低でも25℃を下回らないこと。

 

寝かせたら水分が馴染んでしっとりとします。

生地を棒状に伸ばして一つ12g程度に切ります。

 

切った生地を打ち粉をしながら綿棒でのばします。

gyouza02

 

 

 

 

 

 

包んだ時に底に来る真ん中を少し厚めに伸ばします。

 

これで皮は完成。たっぷりの打ち粉をして乾かないようにしておきます。

 

次に中身の餡を作ります。

僕が作る餃子の比率は豚ミンチ3・白菜やニラなどの野菜6・鶏がらスープや醤油、ごま油などの調味料1

の割合で合わせます。

ここで調味料をゼラチンで固めておくと包んだ時に皮が水分を吸いにくくなるのでお勧めです。

僕はいつも少しだけパン粉を入れて保水力を高めておきます。

 

さて餃子を包んだら焼いていきます。

gyouza01

 

 

 

 

 

 

煙が出そうなくらいしっかりと熱しておいたフライパンに普通より多めの油をしき、餃子を並べます。

底に綺麗な焼き色が付いたら餃子が半分浸かるくらいのお湯を注いで蓋をします。

フライパンの温度を下げないためにお湯を入れるのがポイント。

 

水分がなくなって、チリチリと音がしたら最後に少しのごま油をかけて完成。

 

お皿に盛りつけてどうぞ!

 

僕のおススメの食べ方は柚子胡椒で食べるのがおいしいです!!